このページを英語で見る

お知らせ
オンラインイベント Epson Developers #01 ハードウェアとAPIでみんなの課題を解決したい!を開催しました。イベントレポートはこちら

Epson Connect API

このサイトはアプリケーション開発者向けの情報を提供します。
Epson Connect API を使うと、エプソンのクラウドサービス “Epson Connect” による印刷機能をアプリケーションに追加することができます。

概要
開発のステップ
Epson Connect APIを使った開発について学びましょう。

  • Epson Connect API とは
  • 利用するメリット
  • 活用事例
  • 使い方

 

Epson Connect API とは

エプソンのクラウドサービス 「Epson Connect」と繋がっているエプソンプリンターなどに対して、外部から印刷等を制御·実⾏する⼿段を提供します。離れたプリンターに対し、簡単に⼿元のファイルなどを印刷することができます。

利用するメリット

専⽤回線がなくても、プリンターをFAXのように利⽤することができる Epson Connect にアップロードした
ファイルは印刷後に消去され、
ユーザーのプライバシーを保護できる
多くのクラウドサービスとの連携が
容易にできる

活用事例

Epson Connect API を活用したエプソンの印刷サービスを公開しています。

使い方

~ 印刷 ~

次の手順でAPIを利用すると印刷を実行できます。

~ スキャン ~

次の手順でAPIおよび機能を利用すると、スキャンデータを取込めます。

1. 開発者
登録
Epson Connect API siteで、開発者登録をお願いします。

2. 学ぶ
Epson Connect API siteでは、API仕様書やサンプルコードなど開発に必要な情報を入手することができます。
3. ライセンス
申請
APIを利用するにはライセンスが必要です。Epson Connect API siteで、「ライセンス申請」をお願いします。
4. 開発
API仕様書やサンプルプログラムを参考に、アプリケーションを開発してみましょう。
テストには Epson Connect に登録されたプリンターもしくはスキャナーが必要です。​Epson Connect の登録方法はこちら